3000円以上送料無料 2500円以上で送料無料
※北海道・沖縄など離島は除く
会員登録不要 会員登録なしで即注文OK
法人様掛け払い可 法人様掛け払い可
当日出荷できます!
電話
  • 今必要な感染対策用品で、全国のお客様へ『安心』と『安全』をお届けします。
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

LitePRESS

アルコールチェックが義務化! 企業・法人の必須アイテム「アルコールチェッカー」とは?

2022年4月から、道路交通法の施行規則が改正され、企業の運転者に対するアルコールチェックの義務が拡充しました。
改正によって義務化の対象がどう変わったのか、これから社用車を持つ企業・法人などで何が必須になるのか、アルコールチェック義務化のポイントをまとめました。

道路交通法施行規則改正(アルコールチェック義務化)の内容

ドライバーに対するアルコール検知器でのチェックは、これまで運送業や旅客運送業などの「緑ナンバー」の企業で義務化されていました。

しかし、2021年6月に千葉県で起きた、白ナンバーのトラックによる飲酒運転事故で小学生5人が死傷したことを受けて、白ナンバーへの義務化が拡充されることになりました。

〈緑ナンバーと白ナンバーの違い〉
緑ナンバー……運送業に使う営業用の自動車に取り付けるナンバープレートのこと。
       運送用のトラック、バス、タクシーなど
白ナンバー……自家用自動車や自社で販売する商品を運ぶための車に取り付ける
       ナンバープレートのこと。
       社用車や宅配サービス用の車、移動販売車など

アルコールチェックが義務化になる対象は?

アルコールチェック義務化の対象は下記の通り。
●乗車定員が11人以上の白ナンバー車が1台以上ある企業
●白ナンバーの車を5台以上保持(原付を除くオートバイは0.5台換算)
※どちらも1事業所あたりの台数

上記の自動車を使用する企業は、事業所内で安全運転管理者・副安全運転管理者を選任することが必須となります。
選任後は管轄の警察署に必要書類を提出し、交通安全教育や日常点検など安全運転に必要な業務を担います。

2022年4月から義務化になること

☑運転前後の運転者が酒気を帯びていないか、目視等で確認すること
☑酒気帯びの有無を記録して、1年間保存すること

4月の時点では、まだアルコール検知器はなくても大丈夫ですが、目視での確認が義務付けられます。
運転の前だけでなく、後にも確認を行い、運転中に飲んでいないかどうかも確認する必要があります。

2022年10月から義務化になること

☑運転者が酒気を帯びていないか、アルコール検知器を使って確認すること
☑アルコール検知器を常時有効に保持すること

10月からはアルコール検知器を使ったチェックが義務付けられます。
営業所ごとにアルコール検知器を常備し、遠隔地で業務がある場合は、運転者に携帯型のアルコール検知器を持たせるなどの対応が必要になります。

義務を怠った場合の罰則は?

規定の車両台数を保有している事業所が、安全運転管理者・副安全運転管理者を選任しない場合は、5万円以下の罰金が課せられます。

また、安全運転管理者を選任・解任した日から15日以内に公安委員会に届け出ない場合も、2万円以下の罰金または科料が課せられます。

飲酒運転をした場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられ、運転免許は取り消しとなります。その後も3年間は免許の取得ができなくなります。

酒気帯び運転も3年以下の懲役または50万円以下の罰金で、運転免許は取り消しとなり、その後2年間は再取得ができなくなります。

参考:警察庁

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/insyu/img/ankanleaflet.pdf

アルコールチェックの方法

アルコールチェックは原則として対面での確認になりますが、直行直帰や出張などの場合は、リモートや電話を使って顔色や応答の調子、アルコール検知器の検査結果の確認を行います。

アルコールチェックの方法
①運転前に対面で、顔色や呼気の臭い、応答の声の調子などから酒気を帯びていないか確認します。
②アルコール検知器に呼気を吹きかけて、体内のアルコール濃度をチェックします。
③検査記録簿にアルコールチェックの結果を記入します。
④問題がなければ運転して大丈夫です。
⑤運転者が事務所に帰ってきた際も、運転前と同様の検査をして記録します。

アルコール検知器を使った詳しい検査の方法は、こちらの動画をご覧ください。

おススメはポータブル式のアルコールチェッカー

2022年10月1日からのアルコールチェック義務化では、アルコール検知器を導入し、適切な使用と管理、定期的なメンテナンスのもとで、常時有効に保持することが必須になります。
アルコール検知器は国家公安員会が定めるもので、呼気中のアルコールの有無や濃度を検知して、警告音・警告灯・数値などで示す機能があれば、特に指定はありません。

アルコールチェッカーにはさまざまなタイプがありますが、ハナコライトでは社用車1台ごとや運転者一人ひとりが所持できる、ポータブル式のアルコールチェッカーをおススメしています!

ポータブルアルコールチェッカー

息を吹きかけるだけでアルコール濃度を測定します。
デジタル表示で結果が見やすく、測定結果を50件記録することができます。
USB充電式なので、USBポートがある自動車内やPC、モバイルバッテリーなど、さまざまな電源から充電することが可能です。

結果は警告灯と完了音でお知らせ。
検知したアルコール濃度によって音や色が変わるので、分かりやすいのが魅力です。

付属のマウスピースを市販のストローに交換すれば、1台のチェッカーを複数人で使うことができます。


  • ポータブルアルコールチェッカー
    ¥3,278
  • 付属のマウスピースを市販のストローに交換可能。
  • 【仕様】USB充電式
    【本体サイズ】約W34×H120×16mm
    【重量】約36g
    【生産地】中国

乾電池式ポータブルアルコールチェッカー

アルカリ単4乾電池2本(別売)で作動。
こちらも大きめのLED表示で結果が見やすく、3段階の警告灯でアルコール濃度をお知らせします。

マウスピースを市販のストローに変えると、複数人で使用できます。


  • 乾電池式ポータブルアルコールチェッカー
    ¥2,980
  • 付属のマウスピースを市販のストローに交換可能。
  • 【仕様】乾電池式
    【本体サイズ】約W36×H118×18mm
    【重量】約30g(乾電池除く)
    【生産地】中国

まとめ

 

道路交通法の改正によってアルコールチェックの義務化がスタートしました。
アルコール検知器の導入義務化は10月からですが、前倒しして4月から導入している企業が多く、市場では手軽なポータブル式のアルコールチェッカーがすでに品薄になっています。
ハナコライトでは現在ポータブルアルコールチェッカーを販売中、乾電池式ポータブルアルコールチェッカーにつきましては、4月下旬入荷分の予約を受け付けていますので、購入が間に合わなかった担当者さんは次回以降の入荷をお見逃しなく!

タグ

関連商品