3000円以上送料無料 2500円以上で送料無料
※北海道・沖縄など離島は除く
会員登録不要 会員登録なしで即注文OK
法人様掛け払い可 法人様掛け払い可
当日出荷できます!
電話
  • 今必要な感染対策用品で、全国のお客様へ『安心』と『安全』をお届けします。
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【新型コロナウイルス対策の基礎知識】中和抗体検査ってどんな方法?

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進むなか、「中和抗体検査」が注目を集めています。

 

私たちの体には細菌やウイルスから身を守る免疫機能が備わっていて、免疫細胞が異物を排除するために作られる物質を抗体といいます。

中和抗体は抗体のなかでも特にウイルスの感染力や毒素の活性を中和する働きがあり、ウイルスにくっついてウイルスが他の細胞に侵入したり、活性化したりするのを抑えます。

 

 

このしくみを利用しているのがワクチンです。

感染前にワクチンを投与(予防接種)すれば、中和抗体の生産などを誘導して免疫を獲得できるため、感染症にかかりにくくなり、感染しても軽症で済むようになります。

 

ただし、ワクチンを接種しても効果には個人差があり、なかには抗体ができづらい人もいるといわれています。

そこで活用したいのが、「中和抗体検査」です。

この検査は血液中の中和抗体を検出することができ、ワクチン接種後の効果の確認など、自分の体内に中和抗体があるかどうかを調べることができます。

 

 
中和抗体検査の注意点
  1. 現在新型コロナウイルスに感染しているかどうかは調べられない
  2. 検査結果が陽性(中和抗体あり)でも絶対に感染症にならないわけではない(中和抗体を持っていても抗体量や体調などによって感染する可能性がある)
  3. ワクチン接種後の検査は抗体ができるまで1~2週間待ってから行う

以上のことをふまえて、新型コロナウイルスへの抵抗力があるかどうかをチェックする目安として、中和抗体検査を活用してくださいね!

タグ

関連商品